黒酢で高血圧を予防

黒酢と高血圧

黒酢高血圧の予防や改善に効果が期待できます。

 

 

高血圧とは、血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいい、
常に血管に負担がかかるため、血管が傷ついたり、硬質化したりします。

 

 

その結果、動脈硬化、虚血性心疾患、脳疾患、腎不全などの原因になります。

 

 

高血圧は、あまり自覚症状がないため、
気がついた時には慢性化して治りにくくなります。

 

 

基本的には、高血圧になると
ほとんどの方は病院に行ってお薬をもらってのみますね。

 

 

病院からでるお薬は血圧を下げるだけの役割で、
血圧を治してくれるわけではありません。

 

 

そのため、一度、血圧の薬を飲むと一生飲み続けなければなりません。

 

 

いわゆる、対処療法なのです。

 

 

その高血圧に黒酢が効果的だというのです。

 

 

では、高血圧に黒酢は、どのように作用するのでしょうか?

 

 

黒酢には、酢酸が含まれていますが、
酢酸が細胞に取り込まれるとアデノシンが産生されます。

 

 

アデノシンには血管拡張作用があり、血液の流れを良くしてくれます。

 

 

血液の流れが良くなると、
血圧が下がりやすくなり、血圧が安定してきます。

 

 

実際、酢の血圧降下作用は、臨床実験でも確認されいます。

 

 

また、黒酢には血液をサラサラにする効果もあるので、
その点からも高血圧の予防や改善に効果が期待できます。

 

 

しかし、黒酢で血圧は低下はしますが、
短期間で摂取をやめてしまうと血圧は元に戻ってしまうのです。

 

 

そのため、継続して摂取する必要があります。

 

 

酢の成分である酢酸はアデノシンを出し、
そのアデノシンは血管を膨張させる効果はありますが、
血圧の原因である動脈硬化を完治させるわけではありません。

 

 

しかし、病院の薬と違って、
継続的に摂取しても副作用がなく、安全性が高いため
高血圧を抑えるために最適ともいえます。