黒酢の副作用

黒酢の副作用

黒酢は食品なので、摂取量を守っていれば副作用はにありません。

 

 

ただし、過剰摂取の場合は健康を損なう恐れがあります。

 

 

黒酢の過剰摂取による副作用は以下のとおりです。

 

・胃の痛み
・吐き気
・腹痛
・めまい
・無尿
・呼吸困難
・下痢
・便秘
・酸蝕歯(歯が溶ける)

 

 

このような、黒酢の過剰摂取による
副作用を出さないためには、いくつかのポイントがあります。

 

@.摂取量を守る
 黒酢の摂取量は、1日に15cc〜30ccほどです。
 1日の摂取量を一度で飲むのではなく、数回に分けて飲むようにしましょう。

 

A必ず薄めて飲む
 原液のままだと消化器官の負担が大きいため
 できれば、10倍以上に薄めるようにしましょう。

 

B空腹時を避ける
 空腹時に黒酢を摂取すると、
 胃が荒れる原因になりますので、
 食事中か食後に摂取しましょう。

 

 

C寝る前には飲まない(酸蝕歯の予防)
 酸によって歯がダメージを受けることを「酸蝕歯」といいます。
 むし歯発生へのリスクも高まりますので、
 寝る前に黒酢を摂取する歯が溶けやすい状態になります。

 

D冷え性や低体温の方
 冷え性の方は体を冷やすため、
 お湯で割ったり、常温の水で薄めるようにしましょう。

 

E胃腸が弱い方
 胃腸の弱い方は、規定の摂取量より少なめに摂取しましょいう。

 

F子供の摂取
 子供が飲む場合は、徐々に慣らす様に飲ませましょう。

 

 

また、黒酢は医薬品と併用しても問題はありませんので、
血圧やコレステロールの薬を服用しながらでもOKです。

 

 

ただし、心臓や血管の病気がある方は
血栓ができやすくなっているため、
ワーファリンという薬を服用している方がいます。

 

 

この場合は、ビタミンKが配合されている
黒酢製品の場合には注意が必要です。

 

 

ワーファリンの服用中は、ビタミンKの活動を抑えている状態であり、
この時にビタミンKを多量に摂取すると、ワーファリンの作用が弱くなりますので、
摂取する場合は必ず主治医の指導を受けるようにしてください。