黒酢と中性脂肪

黒酢と中性脂肪

黒酢中性脂肪の改善に効果的です。

 

 

中性脂肪とは、3つの脂肪酸とグリセロールが結合していることから
「トリグリセリド(トリアシルグリセロール)」と呼ばれ、体を動かすエネルギー源となります。

 

 

食物から摂取された脂質は、エネルギー源として利用されますが、
余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

 

 

いわゆる、ぜい肉といわれる皮下脂肪が中性脂肪です。

 

 

また、中性脂肪は、肝臓でも合成されており、
炭水化物やアルコールの過剰摂取でも増加します。

 

 

中性脂肪は、生命活動の維持や
内臓の保護、体温を一定に保つ働きがあります。

 

 

ちなみに、健康診断の時に問題になるのは、
食事から取り込まれた中性脂肪ではなく、
肝臓から血液中に分泌された中性脂肪の値を測ります。

 

 

中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると
「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされます。

 

 

中性脂肪の正常値は、だいたい 50〜149mg/dl とされています。

 

 

中性脂肪値が高い場合は、脂質異常症と診断され、
LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。

 

 

動脈硬化が進むと、心筋梗塞、
脳梗塞、狭心症などの原因となります。

 

 

また、、肝臓への中性脂肪の蓄積による脂肪肝の場合は、
肝臓の機能の低下、肝硬変、肝臓がんの原因になります。

 

 

黒酢には、そんな中性脂肪を減少させる効果があります。

 

 

黒酢には、アミノ酸が豊富に含まれており、
このアミノ酸がホルモン感受性リパーゼを活性化します。

 

 

ホルモン感受性リパーゼが活性化されると、
脂肪細胞内にある中性脂肪を分解して、遊離脂肪酸を放出させます。

 

 

血液中に放出された遊離脂肪酸は
エネルギーとして脂肪燃焼しやすい状態になります。

 

 

このように、黒酢を摂取しているだけで、
中性脂肪が減少しやすくなりますので、
積極的に取り入れましょう。