黒酢と糖尿病

黒酢と糖尿病

黒酢糖尿病の予防や改善に効果が期待できます。

 

 

糖尿病は血糖値の上昇によるインスリンの分泌異常や
インスリンの抵抗性が原因で引き起こされる病気です。

 

 

過剰に糖分を取り過ぎると、
頻繁にすい臓からインスリンを分泌することになり、
これを繰り返すと、インスリンの分泌異常が起こります。

 

 

その結果、膵臓が酷使されてしまい、
すい臓が正常に機能出来なくなってしまうのです。

 

 

糖尿病に効果的な食品として黒酢があります。

 

 

◆血糖値を抑える効果

 

 黒酢だけでなく、お酢全般に共通しているのが
 血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果です。

 

 血糖値の上昇を抑えてくれるだけでも
 かなり糖尿病予防としての効果があるといえます。

 

 血糖値の上昇を抑える場合、黒酢を大量に飲む必要はなく、
 大さじくらいのスプーン1杯だけでいいのです。

 

 そのため、料理にそのままかけたりしても良いですし、
 直接スプーンで飲み干してもいいのです。

 

 また、血糖値の上昇を抑えるためには、
 食事中に黒酢を摂取するようにしましょう。

 

 

◆インスリン分泌促進

 

 糖尿病になると、すい臓から分泌されるインスリンの分泌量が低下します。

 

 インスリンは血中の糖分を筋肉や肝臓、脂肪に運ぶ役割がありますが、
 インスリンが分泌されないと、血中の糖分が溢れてしまい、
 血液ドロドロ、血管壁がバキバキ、腎臓への過剰負担の原因になります。

 

 黒酢に含まれるアミノ酸の一つであるアルギニンは
 すい臓の機能を高め、インスリンの分泌を促進する効果があります。

 

 また、血管や血液中の赤血球の状態をよくする働きもあり、
 血液や血管が硬くなる糖尿病の方に黒酢はピッタリの食品です。

 

 

上記以外にも、黒酢は糖質や脂質、タンパク質など代謝を促進し、
栄養をエネルギーとして消費させやすくする効果があるので、
糖尿病の予防や改善に有効とされています。