黒酢の選び方

黒酢の選び方

黒酢選び方には、ちょっとしたポイントがあります。

 

 

様々な、製品が出ている黒酢ですが、
選び方によっては、いい黒酢もあれば、しょぼい黒酢もあります。

 

 

◆黒酢の選び方の注意点

 

@価格で選ばない
 基本的なことですが、価格と成分量は比例しているので、
 安くて、いい黒酢の製品はないと思ってもいいでしょう。

 

 実際、一月分で1000円台の黒酢にんにくのサプリで、
 一日分のサプリの摂取量の黒酢とにんにくの含有量を調べたところ、
 小さじ1杯の黒酢とにんにくスライス1枚分しか入っていない製品がありました。

 

 こんな製品では、摂取しないほうがマシです。

 

 まさに、安物買いの銭失いです。

 

 

A「他社製品の〜倍のアミノ酸量」にまどわされない
 「〜倍のアミノ酸が」とよくTVやラジオで聞きますが、
 純粋な黒酢自体のアミノ酸の比較でなく、
 黒酢を包んでいるカプセル剤の成分も含めて計算している場合が多いのです。

 

 そのため、アミノ酸量がどうのこうのよりも、
 黒酢自体の成分がしっかりしているかどうかが重要です。

 

 

B販売元でなく、製造元を確認
 製造元を見て買う方はいませんが、
 安全性や衛生面の観点から、確認する必要があります。

 

 できれば、製薬メーカーが製造した黒酢製品が理想です。

 

 そのほかでは、製薬メーカーでなくても、
 信頼できる食品メーカーや製造元をの黒酢を選びましょう。

 

 健康食品は審査基準がないため、
 極端なことをいえば、誰が作っても販売できるほどハードルが低いのです。

 

 そのため、世の中には安全性や衛生面に乏しい製品がたくさんあります。

 

 

◆黒酢のタイプで選ぶ
黒酢には、液体タイプの黒酢と
サプリメントの黒酢があります。

 

どちらの黒酢を選ぶかは好みによりますが、
黒酢の味が苦手な方は、サプリメントの黒酢を選微ましょう。

 

液体タイプの黒酢は、薄める液体によって
様々な風味や味が楽しめるのでおすすめです。

 

また、サプリメントは、手軽に毎日決まった摂取量を維持できるので、
健康のために長く続けたい方はサプリメントがいいでしょう。

 

 

◆成分で選ぶ

 

黒酢はアミノ酸や酢酸、ミネラルを豊富に含んでいます。

 

特に、黒酢で注目されている成分であるアミノ酸は
黒酢に必ず含まれていますが、熟成期間や製法、使用する部分により、
大きくアミノ酸などの成分含有量は異なります。

 

特に、黒酢の液体を使うのか、黒酢もろみを使うのかで異なります。

 

黒酢もろみは、液体部分よりも
アミノ酸をより多く含んでいます。

 

黒酢もろみとは、長期間発酵・熟成させたとき
カメの底に沈殿した成分を黒酢にを配合したものです。

 

黒酢もろみには、アミノ酸の含有量は
黒酢の約50倍ほどになるといいます。

 

より、黒酢の健康効果を得たい場合には、
黒酢もろみを原材料とした製品を利用しましょう。