黒酢と動脈硬化

黒酢と動脈硬化

黒酢動脈硬化の予防や改善に効果が期待できます。

 

 

動脈硬化とは、生活習慣によって血管壁が硬くなったり、
コレステロールや中性脂肪が沈着し、血管の厚みが増して
血管が柔軟性を失い、裂けやすくなったり、詰まりやすくなる状態のことです。

 

 

この動脈硬化の原因となるのが、塩分、糖分、アルコール、
コレステロール、ストレス、タバコ、科学薬剤(処方箋)の刺激によって起こります。

 

 

この動脈硬化が進行すると、
心筋梗塞や脳卒中などの重疾患の大きな原因となります。

 

 

黒酢には、硬くなった血管を柔軟にしたり、
血管が固くなることを予防することもできます。

 

 

黒酢には、アミノ酸が豊富に含まれていて、
そのアミノ酸の中でもアルギニンが動脈硬化に働きかけます。

 

 

アルギニンは、血管中の一酸化窒素の濃度を高め
血管拡張作用と血流促進作用など血管へ作用するだけでなく、
血球の血管壁への接着を抑制し、血管を厚くしないように重要な働きをします。

 

 

つまり、アルギニンは動脈硬化で硬くなった血管を柔らかくし
心筋梗塞、脳梗塞などのリスクを下げることが分かりました。

 

 

アルギニンは体内で合成できますが、
生成能力が十分でな炒め、常に不足の状態です。

 

 

そして、不足分は摂取する必要があるため、
準必須アミノ酸ともよばれます。

 

 

また、動脈硬化の予防に役立つ成分が、
黒酢に含まれる必須アミノ酸のフェニルアラニンです。

 

 

フェニルアラニンには、血中のコレステロール値や
中性脂肪値を下げる効果があります。

 

 

血液中のコレステロールや中性脂肪値が減少すると、
血液がサラサラになり、血管内壁へのダメージを防ぐことができます。

 

 

フェニルアラニンは体内で生産できないので
黒酢を利用して摂取することでフェニルアラニン不足も解消することができます。

 

 

動脈硬化が気になる方は、黒酢を上手に活用しましょう。