黒酢とコレステロール

黒酢とコレステロール

黒酢にはコレステロールの改善効果が期待できます。

 

 

コレステロール自体は体に必要なもので、
胆汁酸や、性ホルモン、ビタミンDの原材料になることから
人間には不可欠な成分なのです。

 

 

しかし、そんな必要なコレステロールでも過剰になると
高血圧や肥満、動脈硬化、心臓病、脂質異常症、
糖尿病、脳卒中などの生活習慣病の原因となります。

 

 

黒酢は、このコレステロールを正常化する効果があります。

 

 

下げるのではなく、正常化です。

 

 

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と、
善玉コレステロール(HDL)の2種類が存在します。

 

 

悪玉コレステロールはコレステロールを全身に運ぶ働きがあり、
善玉コレステロールは全身に運ばれたコレステロールを回収する働きがあります。

 

 

悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールが少ないと、
全身に運ばれたコレステロールが回収しきれず、血管に沈着してしまいます。

 

 

これが、高血圧や動脈硬化を引き起こす原因となります。

 

 

黒酢には善玉コレステロールを下げることなく、
悪玉コレステロールのみを減少させる効力があります。

 

 

さらに、肝臓の機能を向上させる効果もあるので、
コレステロールだけでなく、肝臓の脂肪の状態も改善させます。

 

 

病院から出る薬は、このような効果はなく、
悪玉、善玉コレステロール関わらず、両方下げてしまいます。

 

 

その結果、肝臓の機能自体が低下し、
さらにコレステロールの状態は悪化し、悪循環に陥ります。

 

 

コレステロールの改善を望むなら、
薬に頼るよりも、黒酢で改善を目指しましょう。

 

 

ただし、黒酢を飲むとコレステロール値が安定しますが、
短期間で摂取を辞めてしまうと徐々に戻ってしまいます。

 

 

そのため、一度コレステロールが安定したからといって、
治ってしまったということではありません。

 

 

コレステロールが安定しても、
しばらくは継続的に黒酢を摂取しましょう。