黒酢と肝臓

黒酢と肝臓

黒酢肝臓に良いとされています。

 

 

黒酢には豊富なアミノ酸が含まれています。

 

 

この黒酢に含まれるアミノ酸には、肝臓の機能を高めてくれる効果があります。

 

 

肝機能の低下の原因は様々で、
暴飲暴食、便秘、睡眠不足、ストレス、アルコール、薬剤などです。

 

 

これらの原因で、肝臓は傷つき、
肝臓の機能はみるみるうちに低下していきます。

 

 

肝臓の機能が低下すると、
脂肪肝やコレステロールの異常、γ-GTPなどの肝臓の数値の上昇など
様々な病気の原因となる症状があらわれます。

 

 

また、体調に現れる症状としては、以下のとおりです。

 

・黄疸
・倦怠感
・脱力感
・微熱
・過度の眠気
・不眠
・体重減少
・食欲不振
・吐き気
・膨満感
・急にお酒に弱くなる
・脂肪便
・尿の色が黄褐色
・身体のかゆみ
・爪が白くなる
・出血しやすくなる

・肌荒れ、シミが増えた
・足のむくみ、だるさ
・息切れ

 

 

肝臓の機能が低下するいうことは、
肝臓の機能そのものに障害がおきています。

 

 

その肝臓の障害を修復するには、タンパク質が使われます。

 

 

しかし、高タンパク質の食事は、
過剰になると肝臓や腎臓に負担をかけます。

 

 

こういう場合、タンパク質の形ではなく、
アミノ酸の形で摂取することが理想です。

 

 

そこで、黒酢のアミノ酸が役に立つのです。

 

 

黒酢のアミノ酸は、天然で発酵によってつくられたアミノ酸のため、
通常のアミノ酸よりも吸収に優れ、内蔵に負担をかけません。

 

 

肝臓の機能が低下している場合、
できるだけ肝臓に負担を掛けずにアミノ酸の摂取が必要となります。

 

 

黒酢に含まれるアミノ酸を摂取すると、
肝臓の傷の修復や肝臓の機能の向上が促進され、
先ほどの症状が改善されます。

 

 

またお黒酢はアルコールや薬剤の代謝を促進し、
肝臓の解毒作用を向上させるため、
肝臓への負担を減らすと期待されています。

 

 

肝臓の機能回復には黒酢がおすすめです。