黒酢と痛風の尿酸値

黒酢と痛風の尿酸値

黒酢痛風尿酸値を改善させる効果があります。

 

 

そもそも痛風は、尿酸が体の中に蓄積し、
それが結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。

 

 

痛風は放置すると、激しい関節の痛みが慢性化したり、
体中に結節が出来たり、腎臓障害になったりするほど重大な病気でもあります。

 

 

血液の尿酸値が高い状態が長くことを高尿酸血症といい、痛風の原因になります。

 

 

尿酸は、通常であれば血液中に溶けており、常に体内を循環していますが、
体内の尿酸が増えると、血液中に溶けきれなくなります。

 

 

溶けきれなくなった尿酸が結晶化し、
関節などに沈着して関節炎を引き起こすのです。

 

 

◆尿酸値が上がる原因
@遺伝的要因
A食生活の問題
B飲酒の問題
(焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は、プリン体が少ない)
Cストレス
D病気の影響
(腎機能が低下、血液の病気、悪性腫瘍などが原因)
E薬剤の影響

 

 

黒酢の成分には、痛風の原因となる過剰な尿酸値を下げる効果があります。

 

 

その黒酢の成分とは、クエン酸です。

 

 

痛風の原因となる尿酸は酸性ですが、
クエン酸は、尿をアルカリ化する効果があります。

 

 

アルカリ化された尿では、酸性である尿酸が溶けやすい状態になり、
効率的に尿酸の排出を促進します。

 

 

実際、痛風の治療薬にも
クエン酸ナトリウムが主成分となって使われています。

 

 

また、クエン酸だけでなく、
黒酢に含まれている豊富なアミノ酸も痛風の尿酸値に効果的なのです。

 

 

黒酢に含まれるアミノ酸のアラニンは、
血液をサラサラにして血行を促進させます。

 

 

さらに、アミノ酸のヒスチジンは、硬くなった血管を柔軟にしてくれます。

 

 

最後に、アミノ酸のメラノイジンは、赤血球変形能を改善してくれます。

 

 

血管、血液、血液成分が良くなると細かい毛細血管まで血液が循環し、
老廃物である尿酸の排出をよりスムーズにします。

 

 

痛風改善には、1日に約2〜3gのクエン酸が必要とされ、
黒酢であれば約10〜30mlほどの摂取量が必要となります。

 

 

痛風の方、尿酸値の高い方は、
継続的に黒酢を摂取してみてはいかがでしょうか。

 

 

最近では、イミダゾールペプチドも痛風の予防や改善に効果が期待されています。