黒酢と疲労回復

黒酢と疲労回復

黒酢疲労回復に効果があります。

 

 

疲労回復に役立つ黒酢の成分としてアミノ酸、クエン酸、酢酸があげられます。

 

 

◆黒酢と疲労回復 「アミノ酸」

 

肉体の活動に必要なエネルギーは
主にグリコーゲンや脂肪から得ています。

 

これらのエネルギーが枯渇すると
筋肉を分解してアミノ酸からエネルギーを作り出します。

 

これが糖新生という現象です。

 

糖新生を繰り返すと、筋肉が分解され、
筋量減少、筋力低下し、さらに疲労しやすい体になってしまいます。

 

そうならないためにも、アミノ酸は不可欠なのです。

 

黒酢には、アミノ酸が豊富なため、
糖新生を抑えることができ、さらに疲労回復にも効果を発揮します。

 

 

◆黒酢と疲労回復 「クエン酸」

 

黒酢に含まれるクエン酸はTCAサイクルを活発にします。

 

TCAサイクルとは、エネルギーを作り出すための体内燃焼する働きのことで、
取り込まれた糖質、脂質、アミノ酸をエネルギーとして利用するシステムです

 

TCAサイクルは、クエン酸がなければ働かず、
効率の良いエネルギー産生が出来なくなってしまいます。

 

逆に、きちんとクエン酸を摂っていると、
TCAサイクルが活性化して十分なエネルギー産生が出来ます。

 

TCAサイクルを活性化させると、
栄養素を効率よくエネルギーに変換できるため、
疲労が回復しやすく、なおかつ疲労しにくい体になります。

 

 

◆黒酢と疲労回復 「酢酸」

 

日常生活の中で、運動やら仕事やらで
毎日エネルギーを消費します。

 

このエネルギーとして
筋肉や内蔵にに蓄えられているのが
グリコーゲンという物質です。

 

この、グリコーゲンが消費されると
疲労を感じやすくなり、回復も遅くなります。

 

黒酢に含まれている酢酸には、
グリコーゲンの生成を促進させる効果があります。

 

そのため、グリコーゲン不足による疲労には黒酢が最適です。