黒酢の副作用と効果・効能

黒酢の副作用と効果・効能

黒酢の副作用と効果・効能

 

黒酢とは

 

黒酢は健康成分として、老若男女問わず人気です。

 

 

黒酢とは、玄米や大麦を1年以上かけて長期発酵、熟成させた酢のことで
単に黒い酢というわけではなく、きちんとした黒酢の定義があります。

 

 

しかし、近年の黒酢人気の影響で、たくさんの黒酢製品が出てきました。、

 

 

中には、玄米や大麦以外の材料で作られた黒酢などもあり、
黒酢の定義を満たしていない黒酢製品があふれています。

 

 

そこで、農林水産省は、黒酢の表示基準にJAS規格を設定しました。

 

 

(JAS規格の基準)
「米(玄米)または大麦を原料とし、1リットル当たり180g以上の原料を含み、
発酵または熟成によって自然に褐色になったもの」のみを黒酢と定めるとしました。

 

 

つまりは、この基準に該当しない製品は黒酢と表記してはいけないのです。

 

 

そのため、某健康食品会社の黒酢が
いつの間にか「香酢」という品名に変わっていましたね。

 

詳しくは、「黒酢とは」へ

 

 

黒酢の副作用

 

黒酢は人気の健康成分ですが、副作用はあるのでしょうか?

 

 

基本的には黒酢は食品なので、摂取量を守っていれば副作用はにありません。

 

 

ただし、過剰摂取の場合は健康を損なう恐れがあります。

 

 

黒酢の過剰摂取による副作用は以下のとおりです。
・胃の痛み
・吐き気
・腹痛
・めまい
・無尿
・呼吸困難
・下痢
・便秘
・酸蝕歯(歯が溶ける)

 

 

このような、黒酢の過剰摂取による
副作用を出さないためには、いくつかのポイントがあります。

 

詳しくは、「黒酢の副作用」へ

 

 

黒酢の効果・効能

 

◆黒酢の効果効能
・高血圧の安定作用
・血糖値の安定作用(糖の吸収を抑制)
・レステロールの改善作用
・中性脂肪の減少作用
・冷え性の改善
・抗酸化作用
・疲労改善
・殺菌効果
・脂肪燃焼
・ダイエット効果
・血管を柔らかくする効果(動脈硬化の改善)
・赤血球変形能を改善
・便秘の改善
・カルシウムの吸収を促進
・肝機能を高める

・免疫力の向上
・尿酸値の安定
・血液サラサラ効果
・脳機能の活性化
・アレルギーの軽減
・更年期障害の改善
・生理痛の軽減
・代謝サイクルの活性化
・肩こりの改善
・美容、美肌の効果(コラーゲン産生を助ける)

 

詳しくは、「黒酢の効果・効能」へ